読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

毎日杯(GⅢ) 2016 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

毎日杯(GⅢ)枠順発表 阪神競馬場 芝1800m 2016年3月26日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 ロワアブソリュー 3 56.0kg A・シュタルケ
2 2 アーバンキッド 3 56.0kg 石橋修
3 3 オウケンダイヤ 3 54.0kg 菱田裕二
4 4 ディープエクシード 3 56.0kg 岩田康誠
5 5 タイセイサミット 3 56.0kg 川田将雅
6 6 レインボーフラッグ 3 56.0kg 小牧太
7 7 アイファープリティ 3 54.0kg 池添謙一
8 キャノンストーム 3 56.0kg 松山弘平
8 9 トーアライジン 3 56.0kg 小崎綾也
10 スマートオーディン 3 57.0kg 戸崎圭太

 

毎日杯(GⅢ)予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 スマートオーディン 2.0
2 ロワアブソリュー 3.8
3 タイセイサミット 4.2
4 アーバンキッド 6.5
5 ディープエクシード 8.1
6 キャノンストーム 42.0
7 レインボーフラッグ 44.5
8 オウケンダイヤ 107.2
9 アイファープリティ 131.6
10 トーアライジン 304.4

 

毎日杯(GⅢ) 2016 注目馬・穴馬

 

5枠 5番 タイセイサミット

前走の弥生賞(G2)では、マカヒキ、リオンディーズ、エアスピネル
という強豪相手と戦い4着と健闘、本馬の力を示した。
今回は前走より相手関係が楽になり、阪神コースでは好走実績もある
ことから注目している一頭である。
一戦ごとに地力を付けている印象があり相手関係、臨戦過程などを
考えるとここは大きなチャンスだと思われる。
また鞍上は今回の舞台で好走率の高い、川田騎手であり好材料だ。
強い相手にもまれてきた経験を武器に重賞制覇を狙って欲しい。

 

2枠 2番 アーバンキッド

デビューから3戦を連対で挑んだ前走のアーリントンC(G3)では
1番人気→5着に終わった本馬。
位置取りが前過ぎたのか、最後の追い比べで脚がなくなった感が
あった。今回、もう少し脚を溜められる位置取りで競馬が出来れば
巻き返しが可能だと思われ期待している。
今回の舞台は直線が長いため、速い上がりを使った実績がある馬に
要注意との声があり、本馬はここまで4戦中2戦を33秒台の上がりで
勝利していることにも注目だ。

 

7枠 8番 キャノンストーム

本馬はここまで4戦で1勝のみの実績だが、その1勝が芝1800m戦で
あったことに注目している。
本レースでは、直線の長いコースの芝1800mで上がり最速の実績が
ある馬に要注意との声があり、本馬はデビュー戦(京都・芝1800m)
を上がり最速で勝利している。
その他の戦績を見ると、芝1600m戦→5着1回、芝2000m戦→8着2回と
芝1800m戦が得意なのでは、と思わせる戦績だ。
今回、幸運にも回収率が高い枠に決まり期待大である。本馬が穴を
あけることになるのか注目したい一頭だ。

 

1枠 1番 ロワアブソリュー

ここまで3戦を経験しデビュー戦は逃げ切って優勝、前々走の
きさらぎ賞(G3)は抑えが利かず7着、前走のアーリントンC(G3)
では、後方から一気に末脚で上位に加わり3着と好走した。
本馬は今回の舞台で2戦を経験しており優勝、3着1回と好相性の舞台。
また本レース近年の傾向から、前走重賞だった馬が好走傾向にある
ようで本馬は該当していることにも注目だ。
脚質的に幅があり、能力自体は高いと言われることからも期待して
いる一頭である。

 

4枠 4番 ディープエクシード

デビューから8戦目にして初勝利した本馬も、ディープインパクト
産駒である。しかし初勝利までが2着4回、3着2回、5着1回と崩れる
ことなく安定していることから注目の一頭となった。
今回の本レース登録馬の種牡馬阪神・芝1800m外の重賞に出走した
時の【過去5年分の3着内シェアデータ】によると、ディープインパクト
産駒の3着内シェアは72%と驚くべき数字であり見逃せない。
しかも前走は不良馬場での初勝利だけに、今回馬場が渋った時には
本馬が不気味な存在となるであろう。