読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

阪神大賞典(GⅡ) 2016 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

GⅡ 阪神競馬場

阪神大賞典(GⅡ)枠順発表 阪神競馬場 芝3000m 2016年3月20日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 カレンミロティック 8 セン 56.0kg 秋山真一郎
2 2 アドマイヤデウス 5 57.0kg 岩田康誠
3 3 トーホウジャッカル 5 57.0kg M・デムーロ
4 4 アドマイヤフライト 7 56.0kg 藤岡祐介
5 5 マイネルメダリスト 8 56.0kg 和田竜二
6 6 タンタアレグリア 4 55.0kg 蛯名正義
7 カムフィー 7 56.0kg 川田将雅
7 8 ストロベリーキング 5 セン 56.0kg 水口優也
9 タマモベストプレイ 6 56.0kg D.バルジュー
8 10 サイモントルナーレ 10 56.0kg 幸 英明
11 シュヴァルグラン 4 55.0kg 福永祐一

 

阪神大賞典(GⅡ) 2016予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 シュヴァルグラン 2.7
2 トーホウジャッカル 3
3 アドマイヤデウス 4.8
4 タンタアレグリア 5.2
5 カレンミロティック 9.2
6 カムフィー 14.6
7 アドマイヤフライト 41.3
8 マイネルメダリスト 47.3
9 タマモベストプレイ 57.4
10 ストロベリーキング 378
11 サイモントルナーレ 469.7

 

阪神大賞典(GⅡ) 2016 注目馬・穴馬

 

6枠 6番 タンタアレグリア

前走のダイヤモンドS(G3)で4着、前々走の菊花賞(G1)で4着と
3000m以上に挑戦してから馬券内に絡むことはないが、ここ2戦
連続して掲示板内を確保している本馬。
あと一歩というところなので、距離への適正はありそうだ。
前走からの上積みを見込める今回、4歳世代の中堅馬の意地を見せ
結果を残すことが出来るのか注目している。
今回のメンバーであれば、ここは3着以内を期待したい一頭である。

 

5枠 5番 マイネルメダリスト

本レースを3連勝したゴールドシップと同じステイゴールド産駒であり
3走前のステイヤーズS(G2)で4着、雨の影響で力を要する馬場(稍重
という状況でも5着を確保した、前走のダイヤモンドS(G3)の内容から
注目している一頭だ。
本馬は成績以上に渋った馬場が上手なタイプと思われ、今回天気が崩れて
馬場が渋ったときは不気味な存在である。
本レースのようなスタミナ勝負では、ペース配分の分かる慣れたベテラン
馬が狙い目になると思われ、8歳の本馬の底力に期待している。

 

1枠 1番 カレンミロティック

本馬は今回の舞台と好相性のハーツクライ産駒であり、昨年の本レースで
4着と健闘していることから注目している。
その後も天皇賞・春(G1)3着と好走しており、距離適性はまずまず高いと
思われる。
昨年の本レース4着という結果は、かなり体力が求められたうえ直線で
詰まったことが原因と思われ、レベルが落ちる今回は期待できそうだ。
跳びの大きい走りをする馬なので、ごちゃつく競馬は苦手だと思われ
今回のような少頭数は歓迎材料だろう。
経験豊富な6歳以上からも勝ち馬で出ている本レースで、8歳馬の存在を
充分に発揮してほしい一頭である。

 

2枠 2番 アドマイヤデウス

徐々に復調の兆しを見せてきた本馬は、G2を2勝している実績馬であり
阪神・芝コースも2戦2勝と相性の良い舞台である。
今回はメンバーが楽になることもあり、昨年の日経賞(G2)以来となる
重賞Vの可能性を感じる注目の一頭である。
完成期の5歳に入り、G2で3戦の成績が2勝、3着1回と顕著に現れている。
また、ここまでG2以下のレースは全て馬券内という安定感も見逃せない。
本馬はスタミナ持続力があり本レースに向いていると思われ、昨年の
好調な時に近い競馬が見られることを期待している。

 

6枠 7番 カムフィー

ダンスインザダークと言うスタミナの塊のような父を持つ本馬。
長距離を走るのに必要不可欠なスタミナは、持って生まれた天性
であり、この武器が活かされる舞台となるのか注目している。
前々走のステイヤーズS(G2)で2着と好走しており、本レースでは
芝2400m以上の重賞で、3着以内に入ったことのある馬の好走率が
高いとのデータがあり該当していることにも注目だ。
G2にしてはメンバーが手薄である今回は、鞍上も変わり心機一転
本馬の才能が開花するような予感だ。