読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

フィリーズレビュー(GⅡ) 2016 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

フィリーズレビュー(GⅢ)枠順発表 阪神競馬場 芝1400m 2016年3月13日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 サルドナ 3 54.0kg 松田大作
2 ソルヴェイグ 3 54.0kg 川田将雅
2 3 ダイアナヘイロー 3 54.0kg 国分優作
4 ライディングハイ 3 54.0kg 中谷雄太
3 5 ボーダレス 3 54.0kg 四位洋文
6 カネトシブレス 3 54.0kg 城戸義政
4 7 キャンディバローズ 3 54.0kg 武豊
8 エターナルユース 3 54.0kg 国分恭介
5 9 アットザシーサイド 3 54.0kg 福永祐一
10 ソーディヴァイン 3 54.0kg 佐藤友則
6 11 リルティングインク 3 54.0kg C・ルメール
12 ワンダフルラッシュ 3 54.0kg A・シュタルケ
7 13 ウインミレーユ 3 54.0kg 和田竜二
7 14 クードラパン 3 54.0kg 田辺裕信
7 15 エイシンピカソ 3 54.0kg 藤岡康太
8 16 ナタリーバローズ 3 54.0kg M・デムーロ
8 17 カトルラポール 3 54.0kg 丸田恭介
8 18 メイショウスイヅキ 3 54.0kg 池添謙一

 

フィリーズレビュー(GⅡ) 2016予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 キャンディバローズ 3.2
2 アットザシーサイド 3.5
3 ナタリーバローズ 5.0
4 クードラパン 6.5
5 メイショウスイヅキ 8.9
6 ダイアナヘイロー 11.9
7 ウインミレーユ 18.6
8 リルティングインク 37.6
9 ソーディヴァイン 41.6
10 エイシンピカソ 42.5
11 カトルラポール 44.0
12 ソルヴェイグ 44.1
13 ワンダフルラッシュ 110.6
14 ボーダレス 171.2
15 サルドナ 192.1
16 エターナルユース 306.8
17 ライディングハイ 364.6
18 カネトシブレス 370.0

 

フィリーズレビュー(GⅡ) 2016 注目馬・穴馬

 

5枠 9番 アットザシーサイド

1400m戦で2戦2勝し挑んだ、阪神ジュベナイルF(G1)で5着と健闘した本馬。
今回の舞台、阪神・芝1400mと相性の良いアグネスタキオンを母父に持つ
注目の一頭である。
また父はキングカメハメハで、この産駒は芝重賞だと間隔が開けば開くほどに
成績が上がる傾向らしく、3か月のリフレッシュ期間を取ることができた点は
好材料と言える。
決め手はメンバー中最上位とも言われており、鞍上が福永騎手に代わる予定
という点も含めて注目したい。

 

6枠 12番 ワンダフルラッシュ

前々走の黒松賞(500万下)で11番人気→優勝、前走のクリスマスローズS(OP)
でも、7番人気→3着に入るなどスプリント戦線で才能を発揮してきた本馬。
高速巧者が多いバゴ産駒であり、スピード+タフな一面を兼ね備えている
コンパクトな馬体の馬だ。
今回の舞台である阪神競馬場の今の馬場状態と1400m戦での傾向から、本馬の
持ち味のスピードを活かしての先行策は注意が必要だと思われる。
ここまでの6戦全てで人気以上の着順になっており、今回も人気薄を裏切って
好走する本馬が見られるかも知れない。

 

2枠 3番 ダイアナヘイロー

本レース過去10年の【前走レース別成績特徴】を見ると、前走がOP特別だった
馬も多く参戦している中、勝ち馬が出ているのはエルフィンS組だけだった。
本馬はそのエルフィンS組を経由しており、7番人気→2着と好走していること
から注目の一頭となった。
また距離短縮組が抜群の成績を残しており、本馬はエルフィンS経由+距離短縮組
という有力データを併せ持った一頭である。
キングヘイロー産駒ということで、スムーズな競馬ができるかどうかがカギになり
そうだが、能力の高さを感じる一頭である。

 

5枠 10番 ソーディヴァイン

ここまで5戦全てをダート・1400m戦で使われ2勝2着1回、3着1回と活躍してきた
本馬。今回、初の芝・1400m戦に挑むことから注目の一頭となった。
近年の本レースでは、ダートで好走してきた馬が穴を開ける傾向にあり
2014年の13番人気→2着ニホンピロアンバーや、2013年の11番人気→3着
ティズトレメンダスなどダートからの参戦馬がいる。
前走の500万下ではダート1400mで勝ちタイム1:24:2を出しており、過去に
穴を開けた歴代の馬に引け劣らない結果だった。
祖父はフジキセキであり、馬体の素晴らしさに驚かされる一頭だ。

 

8枠 18番 メイショウスイヅキ

本馬はパイロ産駒で芝重賞では狙いにくい血統であるが、本レースはダート
血統が走る傾向にあるので、ここは期待が持てる一頭である。
母父のダンスインザダーク産駒も比較的、1400m戦に強い血統であり本レース
では本馬の血統面が強調点となった。
ここまで1200m戦と1400m戦で勝利を挙げ、阪神ジュベナイルF(G1)からの
臨戦過程も評価できる。
スピードと切れ味は、現3歳牝馬でトップクラスであり、3走前のもみじS
(京都芝・1400m)は上がり最速の33秒0の瞬発力で差し切った。
休み明けとなる本馬だが、距離短縮もプラス材料になり問題はないようだ。