読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

阪急杯(GⅢ) 2016 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

阪急杯(GⅢ)枠順発表 阪神競馬場 芝1400m 2016年2月28日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 ダイワマッジョーレ 7 56.0kg 高倉稜
2 ルルーシュ 8 56.0kg 杉原誠人
2 3 ブラヴィッシモ 4 56.0kg 川田将雅
4 ヒルノデイバロー 5 56.0kg 四位洋文
3 5 ミッキーラブソング 5 56.0kg 小牧太
6 ティーハーフ 6 56.0kg 池添謙一
4 7 サドンストーム 7 56.0kg 武 幸四郎
8 マイネルアウラート 5 56.0kg 丸山元気
5 9 レッツゴードンキ 4 55.0kg 岩田康誠
10 ダノンシャーク 8 57.0kg F・ヴェロン
6 11 オメガヴェンデッタ 5 セン 56.0kg 武豊
12 サカジロロイヤル 8 56.0kg 国分優作
7 13 ミッキーアイル 5 57.0kg 松山弘平
7 14 ゼロス 7 56.0kg 岩崎翼
7 15 エールブリーズ 6 56.0kg 藤岡康太
8 16 マイネルエテルネル 6 56.0kg S.フォーリー
8 17 タガノブルグ 5 56.0kg 秋山真一郎
8 18 ケントオー 4 56.0kg 和田竜二

 

阪急杯(GⅢ) 2016予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 ミッキーアイル 2.8
2 レッツゴードンキ 4.3
3 ミッキーラブソング 4.4
4 オメガヴェンデッタ 7.7
5 ダノンシャーク 12.0
6 ティーハーフ 12.3
7 ケントオー 18.8
8 ヒルノデイバロー 23.1
9 ダイワマッジョーレ 27.1
10 ブラヴィッシモ 28.4
11 マイネルアウラート 40.1
12 サドンストーム 65.1
13 タガノブルグ 108.0
14 マイネルエテルネル 112.0
15 エールブリーズ 199.0
16 ルルーシュ 398.1
17 ゼロス 518.8
18 サカジロロイヤル 591.6

 

阪急杯(GⅢ) 2016 注目馬・穴馬

 

1枠 1番 ダイワマッジョーレ

2015年の本レースを勝利している本馬。本レースでは3年連続して
馬券に絡んでいるダイワメジャー産駒であることから注目している
一頭である。
ここまで芝1400m戦での戦績は、2015年の本レースを含む2勝、
2着1回、3着1回の実績がある。
また、阪神1400m戦での重賞好走歴がある馬は本レースにおいても
好走する確率が上がるとの声もあり、本馬は2度好走している。
しかも、本レースに向けての調教では好タイムをマークしており
ここは軽視できない存在であろう。

 

2枠 4番 ヒルノデイバロー

前走のシルクロードS(G3)では、ダートから芝を使っての7着で
あったが、上がりはメンバー中最速の32秒6をマークした本馬。
ダートで勝ち鞍ある本馬には、一般的に馬場が荒れて時計の掛かる
馬場になりやすい阪神競馬場は合っていると思われ、逃げや先行を
した時にどんなパフォーマンスを見せてくれるのか注目している。
芝で上がりを使えることは前走でも証明したが、揉まれた時の
不安もある。そこをクリアー出来た時に突き抜ける可能性に期待
したい一頭である。

 

6枠 11番 オメガヴェンデッタ

本馬は、芝1400m適性の高い馬ということで注目している。
ここまで6戦を芝1400m戦で使われ2勝、3着2回と好相性である。
しかも重賞の1400m戦で、3着2回の実績があることにも注目だ。
本馬には、京都コースのような軽い芝よりも阪神コースが向いて
いると思われ、今回の京都→阪神替わりもプラス材料だ。
ゼンノロブロイ産駒は阪神1400m戦の成績が優秀であり、距離短縮
での臨戦だとさらに好走率が上がる傾向にあるらしい。
また本レースでは5歳馬の活躍が期待されることからも、好走に
期待したい一頭である。

 

5枠 10番 ダノンシャーク

本馬は毎年1頭以上は馬券に絡んでいる、前走が阪神C(G2)経由馬と
いうことから注目の一頭となった。
前走の阪神C(G2)では、前が詰まらなければ力を出せた感が残り
参考外の競馬となってしまったが、8歳馬である本馬にはかえって
ダメージが残らず、衰えを感じることのない結果であっただろう。
ここしばらく勝ち星から遠ざかってはいるが、昨秋の毎日王冠(G2)が
斤量58Kgで4着と実力は示している。
今回は古豪VS新興勢力も見どころとなり、ベテラン組である本馬が
レースを面白くさせてくれる事に期待している。

 

3枠 5番 ミッキーラブソング

前走の京都金杯(G3)では7番人気→3着と好走し、初の重賞好走
となった本馬に注目している。
過去5年の本レースデータから、近2走以内に芝1400m戦で使われた馬
の好走が期待されるとあり、本馬は前々走のタンザナイトS(OP)で
今回の舞台を経験し、かつ2着と好走している。
また1400m戦をここまで7戦で使われており、3勝2着2回を挙げている。
ちなみに着外の2回は、4着と5着で堅実に走れている点も魅力的だ。
今回は距離短縮がプラス材料となり、1400m巧者である本馬が重賞
初制覇となるか注目だ。