読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

小倉大賞典(GⅢ) 2016 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

小倉大賞典(GⅢ) 小倉競馬場 芝1800m 2016年2月21日

の枠順が発表されました。

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 ダコール 8 58.0kg 小牧太
2 アルバートドック 4 55.0kg 川田将雅
2 3 メイショウヤタロウ 8 55.0kg 秋山真一郎
4 マイネルフロスト 5 57.0kg 蛯名正義
3 5 レッドアリオン 6 58.0kg 川須栄彦
6 ハピネスダンサー 5 52.0kg 吉田隼人
4 7 デウスウルト 8 セン 55.0kg 幸 英明
8 ケイティープライド 6 52.0kg 鮫島克駿
5 9 スマートオリオン 6 57.5kg 横山和生
10 メドウラーク 5 55.0kg D.バルジュー
6 11 ネオリアリズム 5 55.0kg 岩田康誠
12 タマモベストプレイ 6 56.0kg 津村明秀
7 13 メイショウカンパク 9 52.0kg 古川吉洋
14 テイエムタイホー 7 57.0kg 藤岡康太
8 15 コスモソーンパーク 8 56.0kg 丹内 祐次
16 ベルーフ 4 56.0kg S.フォーリー

 

小倉大賞典(GⅢ) 2016予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 マイネルフロスト 3.6
2 アルバートドック 3.7
3 ベルーフ 4.4
4 ダコール 6.5
5 コスモソーンパーク 12.9
6 テイエムタイホー 14.0
7 レッドアリオン 15.8
8 デウスウルト 17.0
9 ネオリアリズム 17.6
10 ハピネスダンサー 38.0
11 タマモベストプレイ 48.8
12 メドウラーク 52.3
13 メイショウヤタロウ 54.5
14 スマートオリオン 103.8
15 ケイティープライド 144.4
16 メイショウカンパク 304.8

 

小倉大賞典(GⅢ) 2016 注目馬・穴馬

 

6枠11番 ネオリアリズム

前走の中山金杯(G3)で重賞初挑戦した本馬だが、結果は7着に負けた。
とはいえ、優勝馬のヤマカツエースから0.5秒差だったことは悲観すべき
結果ではないように思われる。
今回は距離短縮と騎手替わりがプラス材料となり、期待できることから
注目の一頭となった。
今回の鞍上は岩田騎手だが、最近不調と言われつつもここ2週は重賞で
馬券に絡んでいる。
また本馬を管理する堀宣行厩舎が、先週小倉で2勝(ブライトバローズ、
マウントロブンソン)を挙げていることにも注目したい。

 

4枠 8番 ケイティープライド

本馬は追い切りが昨年12月から良化している、との声があり気になる
一頭となった。
本レースでは距離短縮組の成績が良いなか、前走マイル組もポツポツと
馬券に絡んでいるようだ。そして、本馬は前走はマイルである。
近年の馬場造園課の技術向上により、開催が進んでも馬場が荒れにくく
タフな競馬になりづらいため、距離短縮馬より前走マイル馬の方が
馬の反応が良くなるのでは、と言われている。
今回内枠でロスなく立ち回ることができれば、好走も期待できるのでは。

 

3枠 6番 ハピネスダンサー

前走は上昇気流と勢いに乗り、古馬になって初の重賞を経験した本馬。
枠の影響からか上手く抜け出すことが出来ず、約2年振りの2桁着順
(13着)となってしまった。
しかし本馬はスピード能力が高い馬で、また自在性があるため展開不問
なところが魅力的である。
今回は距離短縮プラス、斤量の恩恵も受けると思われ前走の借りを返す
チャンスとなるのでは。

 

3枠 5番 レッドアリオン

本レースでは、鞍上が川須騎手に戻ることから本馬に注目している。
ここまで川須騎手とのコンビで4勝を挙げており、本馬にとっても
心強い鞍上となった。
本馬の調教師である橋口先生が今週で引退となるため、厩舎も
これをもって解散となる。そのため、出走馬はメイチで勝負という
流れになり、引退のはなむけに重賞制覇を狙うのは当然のことであろう。
過去5年の本レース傾向から、種牡馬アグネスタキオンの場合
複勝回収値が高いとのデータがあり、本馬が該当している点にも
注目したい。

 

2枠 4番 マイネルフロスト

前々走は中山金杯(G3)で2着になった本馬。2014年のダービー(G1)
3着以来となる、久しぶりの重賞での好走であった。
近3走は金鯱賞(G2)4着、中山金杯(G3)2着、アメリカジョッキーC(G2)
4着と安定しており、上位争いに加わっていることから注目している。
本馬の近走の走りを見る限り大崩れはないように思われ、格下相手となる
本レースなら馬券圏内への期待が高まる一頭である。
また鞍上の蛯名騎手にはJRA全10場重賞制覇がかかっており、大いに注目
したいコンビである。

 

1枠 1番 ダコール

小倉適正の高さから注目の一頭となった本馬は、本レースに過去2度の
出走経験があり、2013年2着と2015年3着、共に好走歴を残してきた。
小倉競馬場全体での成績を見ても、ここまで7戦2勝、2着2回、3着1回と
好相性の舞台である。
ちなみに着外だった2回は共に、小倉記念での4着と7着であった。
気になるところは本馬の年齢だが、前走の日経新春杯(G2)では
得意の小倉1800mで4着になり適性を見せた。
実戦を1度使われた上積みも期待でき、明け8歳の存在感を感じさせる
走りに注目だ。