読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

きさらぎ賞(GⅢ) 2016 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

きさらぎ賞(GⅢ) 京都競馬場 芝1800m 2016年2月7日

の枠順が発表されました。

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 オウケンダイヤ 3 54.0kg 国分恭介
2 2 レプランシュ 3 56.0kg 内田博幸
3 3 ロイカバード 3 56.0kg 武豊
4 4 ロワアブソリュー 3 56.0kg M・デムーロ
5 5 オンザロック 3 56.0kg 小崎綾也
6 6 ウルトラバロック 3 56.0kg F・ヴェロン
7 7 モウカッテル 3 56.0kg D.バルジュー
8 8 ノガロ 3 56.0kg 松若風馬
9 サトノダイヤモンド 3 56.0kg C・ルメール

 

きさらぎ賞(GⅢ) 2016予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 サトノダイヤモンド 1.7
2 ロイカバード 2.8
3 ロワアブソリュー 5.5
4 レプランシュ 8.6
5 ノガロ 13.9
6 ウルトラバロック 45.6
7 オウケンダイヤ 102.7
8 オンザロック 131.9
9 モウカッテル 170.7

 

きさらぎ賞(GⅢ) 2016 注目馬・穴馬

 

6枠 6番 ウルトラバロック

本馬の父であるヴィクトワールピサは、機動力があり
兄は2007年、京都競馬場で行われた秋華賞(G1)で有名馬
ウオッカに先着したレインダンスという血統背景である。
本レース過去5年のデータによると、前走芝2000m戦から
距離短縮の馬が馬券に絡んでくるとあり、本馬は前走で
芝2000m(中京)を経験し勝利。
今回は距離短縮で挑んできており、ここまで1戦1勝の
本馬がダークホースとなるのか注目している。

 

8枠 8番 ノガロ

デビューから2戦続けて前が壁となりスムーズに走れず、結果4着と
なった本馬。今回は本馬の器用なところを活かせるのか、力試しの
一戦に注目している。
ディープ産駒の2強に注目が集まっているが、本馬は今年既に20勝を
挙げ、種牡馬リーディング2位となったキングカメハメハ産駒。
京都・芝1800mは相性の良い舞台であり、良化気配を漂わせている今回
総合的な持続力を武器に、初の重賞挑戦で好走することができるのか
注目したい。

 

2枠 2番 レプランシュ

今回のメンバーの中でも瞬発力は上位で、芝・1800mの距離適性も
高い本馬。ここまでの3戦、全てを芝・1800m戦で使われており
メンバー中、最速の上がりで勝利している。
直線の長い1800mの舞台(阪神、新潟)で2勝しており、前走の
シクラメン賞では先行有利な展開を中団で追走し、直線での追い
比べの接戦を制した。
今回の2強ムードの中で、本馬の切れ味がどう活かされるのか
番狂わせとなりそうな期待の一頭である。

 

7枠 7番 モウカッテル

この馬名に、心惹かれる人も多いのではないのだろうか。
「もう、勝ってる」「儲かってる」
どちらにせよ、縁起のよいこの馬名に注目の一頭となった。
近3走はダートに使われており、ここまで芝・1800m戦は1度だけで
しかも9着という結果の中、どうして本レースの舞台に送り込まれた
のか不思議でならない。
ただ純粋に気になる気持ちから、大穴として注目している本馬である。
ちなみに、馬名の由来は「もう、勝ってます」だそうだ。

 

3枠 3番 ロイカバード

ここまで3戦で2勝、2着1回の安定感の本馬。先行力が持ち味の
ディープインパクト産駒である。
今回の舞台である京都・芝1800mは、前々走の未勝利戦で経験し
勝利しておりアドバンテージもある。
新馬戦ではサトノダイヤモンドとの高額馬対決が話題になり
2着になった本馬だが、脚を出し切れていなかった感があり
今回は、そのリベンジとなる一戦だ。
キャリアを積んで参戦する今回、高いパフォーマンスを見せ
ライバルを制する姿が見られるかも知れない。