読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

シルクロードS(GⅢ) 2016 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

シルクロードS(GⅢ) 京都競馬場 芝1200m 2016年1月31日

の枠順が発表されました。

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 ダンスディレクター 6 57.0kg 浜中俊
2 メイショウツガル 8 53.0kg 鮫島良太
2 3 リトルゲルダ 7 54.0kg 松山弘平
4 ヤマニンプチガトー 7 51.0kg 村田一誠
3 5 サトノルパン 5 57.5kg 和田竜二
6 セカンドテーブル 4 54.0kg 水口優也
4 7 ワキノブレイブ 6 55.0kg 小牧太
8 ローレルベローチェ 5 56.0kg 中井裕二
5 9 ヒルノデイバロー 5 54.0kg 岩田康誠
10 アクティブミノル 4 56.0kg 武豊
6 11 アースソニック 7 57.0kg 川田将雅
12 ヤサカオディール 7 51.0kg 小崎綾也
7 13 ニンジャ 7 53.0kg 古川吉洋
14 セイコーライコウ 9 56.0kg 秋山真一郎
8 15 ネロ 5 57.0kg 内田博幸
16 ビッグアーサー 5 57.0kg M・デムーロ

 

シルクロードS(GⅢ) 2016予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 ビッグアーサー 2.1
2 ダンスディレクター 5.5
3 サトノルパン 5.7
4 ネロ 5.7
5 アースソニック 8.6
6 ローレルベローチェ 10.7
7 アクティブミノル 21.5
8 リトルゲルダ 55.6
9 セカンドテーブル 70.8
10 ヒルノデイバロー 77.8
11 セイコーライコウ 84.4
12 ニンジャ 107.1
13 ワキノブレイブ 121.8
14 ヤマニンプチガトー 190.5
15 ヤサカオディール 582.2
16 メイショウツガル 643.5

 

シルクロードS(GⅢ) 2016 注目馬・穴馬

 

1枠 1番 ダンスディレクター

京都・芝コースでは、ここまで7戦して4勝、2着3回とパーフェクト
連対を継続中で抜群の安定感を誇る本馬。
前走の阪神C(G2)、前々走のCBC賞(G3)で共に2着と重賞タイトルに
あと一歩まで迫っている。
ここまで15戦中、13戦で斤量57Kgを背負い今回も慣れた重量での
戦いとなる。
鞍上は本レースの舞台と好相性の浜中騎手であり、好材料が揃った
本馬の初の重賞タイトル獲得に期待している。

 

7枠 14番 セイコーライコウ

昨年の本レースの3着馬である本馬。今年は逃げ・先行馬が揃う中で
差し馬である本馬の出番に期待したく、注目の一頭となった。
本馬の父はクロフネで、京都・芝1200mで好走する産駒の種牡馬である。
厩舎は先週(1/24)の京都新馬戦で、モルゲンロートが単勝80倍の大穴を
あけた竹内厩舎ということも興味深く、また斤量別データを見ると
本レースの場合、56Kgと57Kgの成績が抜けて良いことから今回斤量56Kgの
本馬にチャンス到来かも知れない。

 

8枠 15番 ネロ

じっくりレースを使いながら、いよいよ重賞参戦となった本馬。
近10走の成績は〔4・5・0・1〕で、連対を外した一戦も4着と
堅実な結果を残してきた。
前々走の京洛ステークス(OP)で今回の舞台、京都・芝1200mを勝利。
この時は小雨の中、重馬場での戦いだった。
本馬はヨハネスブルグ産駒で重馬場を得意としていることもあり
好走できたと思われる。
今週末も京都の空は雨模様の可能性があり、得意とする馬場になった
時の本馬の活躍が期待される。

 

4枠 8番 ローレルベローチェ

近3走を芝・1200mで使われ連勝中。前走の淀短距離S(OP)では、1番
人気に応え逃げ切りで完勝した。
父はサクラバクシンオー、母は6歳時にこのシルクロードSで4着に好走
したヘイローフジということから、コース適性は高いと言えるだろう。
鞍上は11戦を共に戦ってきた中井騎手で、人馬のコミュニケーションが
素質を開花させ、本馬を重賞初挑戦へと導いた。
10戦5勝と相性抜群のこのコンビで、重賞初制覇に挑む姿に注目したい。

 

6枠 11番 アースソニック

近3走を本コース、京都・芝1200mで戦い全て馬券に絡んでいる本馬。

近6戦連続で2着3回、3着3着の好成績を残す抜群の安定感に注目したい。
前走の淀短距離S(OP)では斤量58Kgで2着となり、勝馬ローレルベローチェ
とは3/4馬身差だった。
昨年夏にはアイビスサマーD(G3)で3着の実績があり、レース傾向にも
問題はなさそうだ。
今年で7歳になるがここに来て充実期に入った印象を受け、近走の内容を
見ても軽視できない存在であろう。

 

5枠 9番 ヒルノデイバロー

本レースで、ダートからの転戦となる本馬に注目している。
同日開催の根岸S(東京・ダート1400m)ではなく、本レースを
選んだいうことは勝算があってのことなのか、興味深い。
本馬はマンハッタンカフェ産駒であるが距離短縮、芝替わりはプラス
材料になると思われ、この条件でどんな走りをするのか注目したい。
兄は福島記念(G3)で優勝など、芝で戦ってきたマンハッタンスカイ
当日の舞台がタフな馬場になった時は面白い展開になりそうだ。