読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

東海テレビ杯東海S(GⅡ) 2016 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

GⅡ 中京競馬場

東海テレビ杯東海S(GⅡ) 中京競馬場 ダート1800m 2016年1月24日

の枠順が発表されました。

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量
1 1 ライドオンウインド 4 55.0kg
2 2 イッシンドウタイ 7 56.0kg
3 3 スターバリオン 7 56.0kg
4 4 ダブルスター 7 56.0kg
5 5 ロワジャルダン 5 56.0kg
6 アスカノロマン 5 56.0kg
6 7 インカンテーション 6 56.0kg
8 ローマンレジェンド 8 57.0kg
7 9 グランドシチー 9 56.0kg
10 モンドクラッセ 5 56.0kg
8 11 ナリタポセイドン 7 56.0kg
12 ストロングサウザー 5 56.0kg

 

予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 ロワジャルダン 2.3
2 インカンテーション 3.1
3 ローマンレジェンド 5.8
4 モンドクラッセ 6.3
5 アスカノロマン 7.8
6 イッシンドウタイ 21.8
7 グランドシチー 35.5
8 ナリタポセイドン 36.1
9 ストロングサウザー 62.8
10 ダブルスター 94.2
11 スターバリオン 106.4
12 ライドオンウインド 146.1

 

東海テレビ杯東海S(GⅡ) 2016 注目馬・穴馬

 

5枠 6番 アスカノロマン

3歳時の2014年夏、濃尾特別で本レースの舞台を経験し勝利しており
前走は阪神2,000m戦のベテルギウスSでも、2着と好走している本馬。
ここまで5勝のうち、4勝が京都競馬場という屈指の京都巧者であるが
残り1勝は濃尾特別で、人気馬のキクノソルを中京・ダート1800m戦で
完封したことが不気味である。
最近は冬場の重いダートでも結果を出しており活躍を期待させる一頭である。

 

7枠 10番 モンドクラッセ

3連勝で臨んだ前走のみやこS(G3)では、脚質を活かせずハナを切れなかった
ことが敗因と思われ、7着に終わった本馬。
しかしデビュー後しばらくは芝で使われ、後ろからの競馬をしていることから
逃げなくても競馬ができるタイプなのかも知れない。
父であるアグネスデジタルはパワー型種牡馬で、中京1800mダートの成績は
抜群だったことからも好走を期待させる一頭である。

 

2枠 2番 イッシンドウタイ

本レースでの注目血統、回収率100%超えの種牡馬スズカマンボを父に持つ本馬。
本レースでは、スタミナ的な持続力を持っている馬が有利になると思われ
冬場に好成績を残しており、かつ力の要るダートでも成績を残している本馬に
注目している。
また週末も雪予報となっており、凍結防止剤が散布される可能性も高いので
力の要るダート向きの本馬は侮れないであろう。

 

8枠 12番 ストロングサウザー

昨年の白川郷Sで本コースを経験し、2番手追走から抜け出して優勝している。
前走はプラス16キロの馬体重での出走で12着に終わったが、馬体が絞れていれば
先行力とアドバンテージを活かした走りができるはずだ。
逃げ・先行がやや有利な本コースでは、優勝経験をもとにパフォーマンスを
上げてくるであろう注目の一頭である。

 

8枠 11番 ナリタポセイドン


昨年の7月、ジュライSで同条件を2着と好走した本馬。そのレースでは後に
重賞2勝の活躍を見せるサウンドトゥルーと半馬身差だった。
本レース近3年のデータを見ると、ハーツクライ産駒が好成績を残しており
本馬は該当することから注目の一頭となった。
左回りは堅実に走る馬らしく、ここまで4勝中3勝を左回りで挙げてる巧者だ。
今回は得意の条件となり、後方一気で一発を狙っているようだ。