読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

日経新春杯(GⅡ) 2016 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

日経新春杯(GⅡ) 京都競馬場 芝2400m 2016年1月17日

の枠順が発表されました。

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 レーヴミストラル 4 56.0kg 川田将雅
2 2 コスモロビン 8 54.0kg 国分優作
3 3 アドマイヤフライト 7 56.0kg 岩田康誠
4 4 シャドウダンサー 5 54.0kg 藤岡康太
5 5 ダービーフィズ 6 57.0kg 浜中俊
6 プロモントーリオ 6 55.0kg M・デムーロ
6 7 シュヴァルグラン 4 54.0kg C・ルメール
8 ダコール 8 58.0kg 小牧太
7 9 ベルーフ 4 56.0kg D.マクドノー
10 サトノノブレス 6 58.0kg 武豊
8 11 メイショウウズシオ 9 52.0kg 秋山真一郎
12 メイショウカンパク 9 53.0kg 古川吉洋

 

予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 シュヴァルグラン 2.3
2 レーヴミストラル 4.7
3 サトノノブレス 5.2
4 プロモントーリオ 7.7
5 ベルーフ 9.0
6 アドマイヤフライト 10.0
7 ダービーフィズ 13.8
8 シャドウダンサー 19.3
9 ダコール 27.3
10 メイショウウズシオ 193.9
11 メイショウカンパク 216.1
12 コスモロビン 241.9

 

日経新春杯(GⅡ) 2016 注目馬・穴馬

 

1枠 1番 レーヴミストラル

本レースの舞台、京都・芝2400mで好走しているキングカメハメハ産駒であり
鞍上の川田騎手も今回の舞台を得意としていることから、注目の一頭となった本馬。
ここまで芝2400mの3戦で2勝を挙げており、掲示板を外したのは1度だけである。
昨年秋は古馬相手にアルゼンチン共和国杯(G)で3着と好走し、実力の一端を見せた。
芝2400m戦では青葉賞(G2)で優勝しており、同じ距離の本レースで真価を発揮すること
ができるのか期待したい。

 

6枠 7番 シュヴァルグラン

近3走を全て芝2400mで使われ、3連勝中の本馬。その全てが上がり最速の脚で
勝利している点にも注目したい。
近4年の京都・芝2400mでの勝率が50%という、C・ルメール騎手が鞍上なのも心強い。
人気馬であるが、この2つのプラス材料を考えるとやはり外せない一頭となった。
成長力の豊かなハーツクライ産駒であり、半兄はヴィクトリアマイルを2連覇した
ヴィルシーナ。本馬も今後の活躍が期待されている。

 

4枠 4番 シャドウダンサー

本レースでは前走を芝2000mで使われた馬、6歳以下の馬が馬券に絡んでいるとの
データがあり、本馬は該当していることから注目の一頭となった。
今回の舞台である京都競馬場は、ここまで4戦を経験しており掲示板を外すこと
なく好走している。
芝2400m戦は初となるが、2200m戦で優勝するなど相性の良い舞台と言えるだろう。
昨年は3歳クラシック路線に乗れず、悔しい思いもした本馬の返り咲きに期待したい。

 

5枠 5番 ダービーフィズ

京都・芝2400mリーディング上位の浜中騎手が鞍上ということで注目の一頭となった。
昨年夏には函館記念(G3)で重賞初制覇、強敵相手の札幌記念(G2)でも3着と健闘した
本馬だが、その後はG1戦線で苦戦した。
今回と同じ距離のジャパンカップ(G1)では9着であったが、勝馬ショウナンパンドラとは僅差の0.4秒であったことから、着実に階段を上ってきたと言えるだろう。
今回の相手は昨年秋と比べると力関係では楽になると思われ、飛躍へと繋がる一戦となるのか楽しみである。

 

5枠 6番 プロモントーリオ

前走のアルゼンチン共和国杯(G2)で7着、3走前の目黒記念(G2)を3着と重賞で
健闘してきたことから、注目の一頭となった。
本レースの舞台である京都競馬場では、2000m戦だが前々走で経験し勝利している。
切れ味を求められる本コースでは、速い上がりを使える馬が有利との声もあり
本馬は前々走の京都のレースで、上がり最速の脚を使い勝利している。
今回の鞍上も前々走で本馬を勝利へと導いた、M・デムーロ騎手ということで
このコンビでの好走に期待している。