読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

菊花賞(GⅠ) 2015 枠順発表 予想オッズ

菊花賞(GⅠ) 京都競馬場 芝3000m 2015 10月25日

の枠順が発表されました。

f:id:gambledaisuki:20151023101022p:plain

 

菊花賞(GⅠ) 予想オッズ

f:id:gambledaisuki:20151023101147p:plain

 

本命不在の混戦予想

ドゥラメンテの故障により、本命不在となった三冠最後のレースですが、

注目されるであろう3頭の

・リアファル

・リアルスティール

・サトノラーゼン

とそれぞれ外・中・内と別れました。

前哨の神戸新聞杯(G2)を勝ったリアファルは8枠17番。

そのリアファルに惜しくも敗れて2着だったリアルスティールが6枠11番。

ダービーで2着に入ったサトノラーゼンは1枠2番となりました。

 

それでは注目馬を挙げていきたいと思います。

 

1枠 2番 サトノラーゼン

ここまで京都.芝で2戦2勝を挙げている実績から、注目の一頭となった本馬。
本レースは、本馬のプラス材料が揃っていると言えるのではないのだろうか。
1枠2番と最内偶数枠が、本馬の課題であるこの距離にどこまで味方をしてくれるのか
そこも楽しみである。
前走のセントライト記念(G2)は7着に終わったが、日本ダービー(G1)2着馬の実力と
京都.芝は好相性の舞台であり軽視できない存在である。

 

3枠 5番 ベルーフ

ここまで8戦で掲示板を外したのが、本年度の皐月賞(G1)だけという実績を持つ本馬。
本馬も父が、スタミナと成長力に優れるハービンジャーという血統背景だ。
持久力では世代トップクラスとの声もあり、本レースが真価を発揮できる舞台となるか?
否か?楽しみな存在である。
近親には菊花賞2着馬や天皇賞2着馬がおり、長距離適性に富んでいることからも
どんな走りを見せてくれるのか、注目の一頭となった。

 

4枠 7番 スティーグリッツ

目下2連勝と勢いに乗っている本馬。前走では芝.2500mの距離で豊富なスタミナを示した。
本年度7月から、芝.2000mのレースへ距離延長をしておりその後に、2勝、2着1回を
挙げているため距離適性は問題ないだろう。。
ハービンジャー産駒は、3歳秋に本格化する傾向にあることからも本馬に期待が高まる。
長くいい脚が使えるので距離適性は十分と思われ、長丁場で芽が出た本馬に注目したい。

 

4枠 8番 ミュゼエイリアン

前走の菊花賞トライアルであるセントライト記念(G2)で2着に入り、本レースへの
優先出走権を獲得した本馬。
先行力が武器といわれており、逃げも差しもできる自在性のある脚質が魅力的である。
体つきからも長距離戦に向いていると言われており、侮れない存在である。
「バランス良くリズム良く、鞍上の思うように走ってくれる」との声もあり
春から3冠レースの全てに参加してきた実績を自信に、クラシック制覇を狙って欲しい。

 

6枠 11番 リアルスティール

芝3000mの距離克服がテーマになりそうな本馬だが、

ライバルである2冠馬ドゥラメンテが骨折で戦線を離脱している本レースで、

是非クラシック制覇を成し遂げて欲しいと思う期待の一頭である。
この世代トップの力量であることは間違いないのに、

なかなか優勝には手が届かない。

陣営も最後の菊花賞は是非取りたいタイトルとして仕上げてきていると思う。

 

 

1番人気もやはり気になる

先週まで3週連続で1番人気が連対しています。

そしてこのレースの1番人気予想は8枠17番リアファル。

神戸新聞杯を見る限りが馬券に絡んできそうですよね。

 

なので上記注目馬5頭+リアファルの計6頭の3連複で20点購入します。